”ƒ‚¢‚½‚¢•û‚ւ̏î•ñ ”„‚肽‚¢•û‚ւ̏î•ñ ƒI[ƒvƒ“ƒnƒEƒX ŽØ‚肽‚¢•û‚ւ̏î•ñ ‘Ý‚µ‚½‚¢•û‚ւ̏î•ñ Œõ‚ª‹u‚Í‚±‚ñ‚ÈŠX‚Å‚· ‚·‚Ü‚¢‚éî•ñ‚Í‚±‚ñ‚ȉïŽÐ‚Å‚·
■現在位置:ホーム武藤正子のワンポイントアドバイス>我が家をよい人に譲りたい
TEL:03-3825-6411 FAX:03-3825-6802
サイト内検索
←前のアドバイス

アドバイスのバックナンバーはこちら

  海の見える場所でスローライフ! (2018年10月19日号)


Aさんご夫妻は、50代後半。まだ定年には何年かありますが、早期退職で房総に移住。自給自足のスローライフ生活をスタートさせました。

ここ数年は友人の住む、房総方面に週末を利用して田舎ぐらしのまねごとを。すっかり自然の中でのスローライフに、はまってしまったのです。
ロケーションの決め手は、海の見える高台。これなら津波の心配も回避できます。しかも東京からは車で約2時間程。友人、知人のいる光が丘に日帰りも。
Aさん夫婦には、お子さんがいません。奥様は当初離れるのに不安と寂しさがあったようでしたが、アクティブなご主人について行く決心をしたのでした。
それでは、光が丘の家はどうしようということになりました。当初は誰かに貸して行こうかと考えたのですが、家賃を貰って他人に貸すとなると内装が必要。
特に水回りのリフォームが重要と聞き、ざっと見積もってもらったところ、キッチン、浴室、洗面所、トイレ等で300万円近くかかるとのこと。全体で400万円程の内容でビックリしたAさん。
これでは、家賃から上る実質手取りから考えると、内装投資の回収に4年はかかっていまう計算に。いざリフォームしてきれいになった部屋をみて、奥様が光が丘に戻って「ここに住みたい」と言い出したら本末転倒です。
そこで、貸すのは得策ではないと考え、きっぱりと売却に出されたのです。ご自分の希望に近い金額で決まり、自然豊かな緑に囲まれ、スローライフを楽しんでおられます。どうぞ何なりとご相談を。
                            
                      
    
(株)すまいる情報光が丘        
代表取締役社長   武藤 正子
このワンポイントアドバイスは、仲介の現場で現実に起こっている事を私の経験からアドバイスとして掲載しております。
自分の場合はどうなのか知りたい。もっと突っ込んだ質問をしたいとお考えの方など、私、社長の武藤にご相談ください。
きっとお役に立てると思っております。プライバシーについては充分注意しますのでご安心ください。
ご相談は・・・ ●電話:03-3825-6411 お問合せフォームはこちら
●FAX:03-3825-6802 ●Eメール:info@smilehikari.com
当社への資料請求等には、事前に「個人情報のお取扱いについて」を
ご一読いただき内容をご理解いただいた上で送信してください
アドバイスのバックナンバーはこちら
←前のアドバイス:
温暖な伊東でゆったりと自然を楽しみませんか


武藤正子プロフィール→

| ホーム | 買いたい方への情報 | 売りたい方への情報 | オープンハウス | 借りたい方への情報 | 貸したい方への情報 | 光が丘ってどんな街? | 武藤正子のワンポイントアドバイス |
| すまいる情報どんな会社? | お問合せ | サイトマップ |
©2006 SMILE-HIKARI